のり論

豊かに楽しく健康で美しく生きる人生法則 秘境祖谷での暮らしから与えられるメッセージ

*

読書論と履歴

   

本格的に読書を始めたのが約10年前。

この間の軌跡

 

2007年:69冊

2008年:167冊

2009年:144冊

2010年:194冊

2011年:362冊

2012年:209冊

2013年:258冊

2014年:164冊

2015年:223冊

2016年:426冊

2017年:168冊

 

年平均200冊くらい。

2017年が減っているのは、その分映画を観てる。

今年(2018年)からは映画記録もつけている。

 

たくさん読めばよいというわけではないが、読んでいる方がよい。

読書している方が、世界が広がる。

 

『読まなきゃいけない』

だと、こんなには続かない。

 

なぜ読み続けるのか?

少なくとも、読書をしているから人生が豊かになっている。

 

読書をしていて頭が固くなり、より不幸な人生になっているようだったら、読まなければよい。

 

最終的には

『読書をしていて楽しい』の世界。

 

「いつ、そんなに読んでいるのですか?」と聞かれるのですが、

わたくし、朝食を食べません。

みなさんが、朝ごはんを食べている間に。

 

お風呂、めっちゃ早いです。

みなさんが、お風呂に入っている間に。

 

トイレの数分。

寝る前の数分。

 

これくらいで、年間100冊は読めますよ。

 

けっして読むのが速いわけではありません。

速読教室に2年通いました。

あまり、速くならなかった(泣)

 

それでもどうしたら1冊でも多く読めるかを工夫し、日々改善していたらこうなった。

 

読書は趣味ではなく、生活のひとつ。

読書は人生を豊かにしてくれるひとつ。

たくさん読める時代に生まれてシアワセ。

 

これがのりさん流、読書のり論。

 

 - BOOK

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
起こることは全部マル

本道佳子さんと一緒に来てくれたのは、はせくらみゆきさん。 はせくらみゆきさんホー …

no image
前祝いの法則

『読書のり論』(クリックでページへ) を掲載したばかりですが、けっこう人に本を貸 …

no image
国境なき料理団・団長現る!

国境なき料理団の団長・本道佳子さんが来てくれました。 残念ながら湯島食堂は201 …