のり論

豊かに楽しく健康で美しく生きる人生法則 秘境祖谷での暮らしから与えられるメッセージ

*

欲を満たすのが人生

   

寝込んでいるときに考えたこと、気づいたこと。

 

体調がよくなったら

「おいしいものが食べたい」

「○○へ行きたい」

「○○が欲しい」

「○○がしたい」

などの欲があるからこそ、また元気になろうとガンバれる。

 

まさに体調絶不調で倒れこんでいるとき、はたしてどんな欲があるのかひとつずつ考えてみた。

「食べたいものが・・・ない」

「行きたいところが・・・ない」

「欲しいものが・・・ない」

「したいことが・・・ない」

 

なんと、それらの欲がなにもなかった・・・。

厳密にいえば、どっちでもよかった。

 

そんな時に気づいたことは、

「やっぱり人間は欲がないとダメだな」ということ。

「欲があるからこそ、人間なんだな」ということ。

 

欲があるからこそ、ガンバれる。

欲があるからこそ、辛い状況でも乗り越えられる。

欲を満たしてこその人間なのです。

 

しかし欲といってもさまざまなステージ(段階)がある。

 

人のものを奪ってでも、満たしたいステージ。

とりあえず自分だけが満たされればいいステージ。

他人に迷惑をかけない程度に、自分の欲を満たしたいステージ。

自分が満たされて、他人に押しつけるステージ。

 

自分が満たされて、目の前の人も喜んでくれるステージ。

自分が満たされて、周りのみんなまで喜んでくれるステージ。

自分が満たされて、日本中が喜んでしまうステージ。

自分が満たされて、世界中が喜んでしまうステージ。

 

自分が満たされて、自然が喜んでくれるステージ。

自分が満たされて、地球が喜んでくれるステージ。

自分が満たされて、宇宙が喜んでくれるステージ。

自分が満たされて、天が喜んでくれるステージ。

 

どのステージがいいとか、悪いとかはないのです。

大切なのは、今の自分がどのステージにいるのかを認識すること

そしてそのステージを、堂々と生きればいいのです。

楽しめばいいのです。演じればいいのです。

 

欲を満たすステージには、ある法則があります。

それは

それぞれの違うステージ間では、真の意味で理解し合えないのです。

理解し合えないから、批判し合うのです。

 

人のものを奪ってまで欲を満たしたいと思っていない人は、他人から奪う人を批判します。

現代では理解できないような天の意思に従って生きている人を、人々は批判します。

後の時代になって「あの人はすごかった」と称賛します。

 

批判や否定は一生なくなりません。

なにをしても、すべてが同時に満たされることはありません。

 

だから、せめて自分が批判しないこと。

批判をするよりも、自分の欲を満たすことにエネルギーを注ぐこと。

批判されても、堂々と正当に、自分の欲を満たすこと。

 

正々堂々と、自分の欲を満たしちゃいましょう。

頭や常識で考えるのではなく、今の自分にとって本当に必要な欲を満たしましょう

 

「欲を満たそうよ、にんげんだもの」

これが、欲を満たすことこそが人生のり論

 

 - メッセージ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
正しいことをしていても、わかってもらえないあなたへ

『正しい、正しくない』で判断している限り、いつまでたっても答えは出ない。それどこ …

no image
逃げるのはダメなことなのか?

この人生で学ぶべきことからは、逃れられないってこと。 なんてイラッとのり論に書い …

no image
直感力のススメ

なにかを選択する、判断するときに迷ったら 今の自分に素直になること 自分の直感を …

no image
悩むことを本当にやめたいあなたへの言葉

Q:すぐに悩んでしまうのですけど?   A:悩むのが好きなんですね。 …

no image
ようこそ矛盾のホシへ

この地球(ホシ)は矛盾だらけです。 「矛盾はよくない」という発想でいる限り、永遠 …

no image
なんでも先に払っちゃえ!!

人は誰でも幸せになりたい。自分が満たされたい。 最初は自分だけが満たされれば、幸 …

no image
信じる道をススメ

前々回のブログ内容『直感力のススメ』の通り、直感で判断し、決断すると、 ①ほとん …

no image
選択の時代

2014年、のり論ブログの立ち上げ。 わずかな投稿ながら、多くの方からの反響があ …

no image
人生の方程式を紐解く

ちょー久しぶりに「のり論」アップです。 気がついたら1年ぶり・・・。 長らく待っ …

no image
のり論始動!!

2006年6月から毎日『空音遊のブログ』を開始。   そして書き続ける …