のり論

豊かに楽しく健康で美しく生きる人生法則 秘境祖谷での暮らしから与えられるメッセージ

*

絶対、病気にならない秘訣

   

今年の正月から10日間、寝込みました。

人生初です。

 

頭をハンマーで殴られ続けているかのような頭痛。

終始鼻タン。咳とタン。

 

それでもその間はお客さんが来てくれているので、迎えにもいくし、受付もする。

それ以外の時間は倒れて寝ている。

体調が悪かろうが、よかろうが、いつもと同じように、淡々と仕事をする。

 

身体や体調は辛い。

けれども、心はいたって平穏。

むしろ

『この状態から治ったら、どんな風にパワーアップしちゃうのかな』

と、体調がきつい中でも、復活劇を楽しみにまってしまう。

 

病(やまい)にはなれども、病気にはならない。

わかるなか?

 

物理的な身体は、疲れることだってある。

だけど、心まで一緒に疲れる必要はない。

 

ほとんどの人は

「体調不良=病気」と自動的になってしまうが、実は

「体調不良=病」

なだけであって、なにも体調が悪いからって心までヘコム必要はないのです。

 

それではなぜ心まで一緒にヘコンでしまうのか?

1:「体調が悪い=しんどい=病気」が当たり前だと思っているから

 

『そっか、なにも体調不良だからといって、心まで辛くならなくってもいいんだ』

って考えればいいだけ。

それが普通だと思えばいいだけ。

 

試験に落ちた人で

「あ~あ、人生サイアクだ。お先真っ暗」と、思ってしまう人。

「クソッー。次こそは絶対受かってやるぞー!!」と、よりやる気が出る人。

 

2:「治らなかったらどうしよう」とか「死んだらどうしよう」とか、不安や恐怖があるから

 

「どんな病だって、そのうち治る」と、安心すること。自分を信じること。

「死んだら死んだで、それもまた人生」と、覚悟を決めること。開き直ること。

 

不安や恐怖で心がヘコムのだったら、安心や信頼で心はより豊かになれるのです。

だから、常に自分自身を信頼し、安心している人は絶対に心がヘコマないのです。

病(やまい)にはなれども、病気になることはないのです!!

 

ちなみにどのように治したかというと、5日間くらいは水だけで何も食べず。

無理に栄養を取ろうとか、何か食べなきゃとか思わない。

(↑これも情報からくる不安と恐怖が入っています)

ひたすら寝る。

いつも以上に呼吸法を長めにする。

これだけ。

 

水分をしっかり摂り、食べないでたくさん寝る。

その間は一切心配しない。

これだけで、大抵の病は治ります。

わたしの場合はね。

 

これが、病にはなれども、病気にはならないのり論

 

ちなみに、約10日間ほとんど何も食べていないにもかかわらず、体重がまったく減っていなかった不思議な身体。

常識や数値にとらわれないことが大切です。

 

 - メッセージ ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
逃げるのはダメなことなのか?

この人生で学ぶべきことからは、逃れられないってこと。 なんてイラッとのり論に書い …

no image
人を楽しませる方法

人を喜ばせるには 自分が喜ばなければいけない。 人を楽しませるには 自分が楽しま …

no image
言葉は前払い

言葉は前払い。 ビールを注文すれば、ビールが出てくる。 ウーロン茶を注文すれば、 …

no image
天命とは

人はいつか必ず死ぬ。   生まれた瞬間から、死に向かっている。 &nb …

no image
イラッとする人の習性

私、あなたにそんなこと言われるとイラッとするのでやめてもらえませんか? &nbs …

no image
なんでも先に払っちゃえ!!

人は誰でも幸せになりたい。自分が満たされたい。 最初は自分だけが満たされれば、幸 …

no image
信じる道をススメ

前々回のブログ内容『直感力のススメ』の通り、直感で判断し、決断すると、 ①ほとん …

no image
人生の方程式を紐解く

ちょー久しぶりに「のり論」アップです。 気がついたら1年ぶり・・・。 長らく待っ …

no image
直感力のススメ

なにかを選択する、判断するときに迷ったら 今の自分に素直になること 自分の直感を …

no image
欲を満たすのが人生

寝込んでいるときに考えたこと、気づいたこと。   体調がよくなったら …