*

信じる道をススメ

公開日: : メッセージ

前々回のブログ内容『直感力のススメ』の通り、直感で判断し、決断すると、

①ほとんどがうまくいく。

②なにをやってもうまくいかない。

③よくわからない

 

「のりさんの言う通り直感に従ったのに、うまくいかなかったんですけど?」

 

だ・か・ら、それがうまくいっているのです。

うまくいかなかったことが、うまくいっているのです。

 

人生という道のり。

思った通りになること。

思った通りにならないこと。

すべてひっくるめて、うまくいっているのです。

 

いいことも、

嫌なことも、

過去に出逢った人も、

今出逢っている人も、

これから出逢う人も、

全部必然。

 

直感は、自分の内から湧き出るもの。

本当の自分が目指すべき、一番の近道。

 

頭で考えること、常識は、世間が作ったもの。

他人が作ったもの。

人が都合のよいように、作りあげたもの。

 

自分を信じるか?

人を信じるか?

 

誰にも理解されない、誰にもわかってもらえない。

自分の道は、そんなことの連続。

孤独との戦い。

迷いとの戦い。

 

それでも自分を信じて、この命を信じて進む。

その先に見える世界がある。

その先に与えられる喜びがある。

 

だからこそ、自分の信じる道をススム。

その先に何があるかわからないからススム。

そんなあたなを応援したい。

 

「行けばわかるさ」

 

これが信じる道をススムのり論

スポンサードリンク

関連記事

no image

迷いまくっているそこのあなたへ

迷っている人に質問されて答えると、 「そうそう、そうなんです」 「やっぱりそうですよね」

記事を読む

no image

生かされているのが命

  人は生きているようで、生かされている存在です。 どんな事故や病気でも、死なない時は死なない。逆に

記事を読む

no image

選択の時代

2014年、のり論ブログの立ち上げ。 わずかな投稿ながら、多くの方からの反響があった。

記事を読む

no image

ようこそ矛盾のホシへ

この地球(ホシ)は矛盾だらけです。 「矛盾はよくない」という発想でいる限り、永遠に悩み続ける。

記事を読む

no image

すべての道は天に通じる

辛さも、苦しみも、とまどいも、迷いも、 喜びも、楽しみも、安らぎも、 すべては天に通じて

記事を読む

no image

言葉は前払い

言葉は前払い。 ビールを注文すれば、ビールが出てくる。 ウーロン茶を注文すれば、ウーロン

記事を読む

no image

足るを知るの謎を解く

「足るを知るものは富む」 現状に不満を持たず、今を満ち足りたものとし、それ以上を望まないことが

記事を読む

no image

のり論始動!!

2006年6月から毎日『空音遊のブログ』を開始。   そして書き続けること8年

記事を読む

no image

なんでも先に払っちゃえ!!

人は誰でも幸せになりたい。自分が満たされたい。最初は自分だけが満たされれば、幸せになればよいと考える

記事を読む

no image

人生の方程式を紐解く

ちょー久しぶりに「のり論」アップです。気がついたら1年ぶり・・・。長らく待っていてくださった皆様、お

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

人生の方程式を紐解く

ちょー久しぶりに「のり論」アップです。気がついたら1年ぶり・・・。長ら

なんでも先に払っちゃえ!!

人は誰でも幸せになりたい。自分が満たされたい。最初は自分だけが満たされ

人生の成功者とは

父に、命を与えてくれて ありがとう。母に、産んでくれて ありがとう。兄

生かされているのが命

  人は生きているようで、生かされている存在です。 どんな事故や病気で

欲を満たすのが人生

寝込んでいるときに考えたこと、気づいたこと。 体調がよくなっ

→もっと見る

  • 質問はメッセージから、ご連絡ください。
    ブログでお答えします。

  • のりさんプロフィール
    のりさん。
    合同会社ライフアップグレイド 代表

    『豊かに 楽しく 健康で 美しく生きる』をテーマに、四国山中で実践中。
    人生向上・地域再生など、様々な講演活動を行っている。

    徳島の秘境、大歩危・祖谷にありながら、ホームページや口コミだけで人々が集まる不思議な宿
    自然菜食と田舎暮らしの古民家宿 空音遊
    四国のへそ、阿波池田での空き店舗再生事業
    COCO-CROSS

PAGE TOP ↑