のり論

豊かに楽しく健康で美しく生きる人生法則 秘境祖谷での暮らしから与えられるメッセージ

*

スーパーナヤミ人の皆様へ

   

Q:のりさんは迷ったり、悩んだりすることはないんですか?

A:まよいますよ。なやみますよ。にんげんだもの。

今日のランチはうどんにしようかな?そばにしようかな?

うどん屋に入ったけど、大盛りにしようかな?天ぷらのせようかな?

かきあげもおいしそうだけど、イカ天もうまそうだ。

両方食べたいけど、そんなに食べれないな。

う~ん、どうしよう。

 

こんなすばらしい迷いが心の中で起こっているのです。

ね、迷っているでしょ?

 

うどん大盛りにかきあげのせておいしく食べていたのに、目の前の人がおいしそうにイカ天を食べているのを見て、

「やっぱりイカ天にすればよかった」なんて思う人。

「イカ天もおいしそうだけど、また次回の楽しみにしておこう。かきあげも最高だ!」と思える人。

どんな大きな悩みでも、基本はこれと一緒なのです。

前者は後悔がひとつ増え、後者は楽しみがひとつ増える。

それだけの違いなのです。

 

のり論の根本要素のひとつは

『どっちでもいい』

迷ってもよし、悩んでもよし。

迷わなくてもよし、悩まなくてもよし。

 

悩んでいる人は

「わたし真剣に悩んでいるんです。どうしたらいいでしょうか?」

なんて質問したりするのですが、

『悩みたいんだったら、悩んだらいいんじゃないの』

ってことになるのです。

こちらからみれば、悩みたくて悩んでいるように見える。

悩んでいることを、楽しんでいるように見える。

さらに言えば、悩んでいる自分が好きなのだ!!のように見える。

 

悩みを相談している自分が好きだったりしてませんか?

悩みがあるのだったら、もっと悩めばいい。

『なやんじゃえ、なやんじゃえ、もっとなやんじゃえ。

それぐらいの悩みじゃまだまだ足りない、もっともっと悩んだ方がいいよ』

なんて言われて、ムカッとしたり、言い返したり、怒鳴ったり。

そんなあなたがナヤミ好き星人さんですね。

ナヤミ好き星に生まれた、ナヤミ人さんですから、悩みがなくなるわけない。

いや、違うか。

地球生まれのナヤミ育ち。

ナヤミ人の皆様もどんどん進化してきて、

「おらは地球育ちのスーパーナヤミ人だー!!」と、なかなかすばらしいパワーアップをされていらっしゃるようです。

 

人間である限り、悩まないのではない。迷わないのではない。

迷っても仕方ない、悩んでも仕方ないと知っているだけなのである。

 

知っていることを、知っているだけで終わらせる人。

知っていることを、行動に移す人。

知っていることを、自分の一部になるまで習慣にしてしまう人。

 

迷っても仕方ない、悩んでも仕方ないと、

迷うこと、悩むことをあきらめてしまえばいい

それでもまだ悩んでいるそこのあなたは、立派なスーパーナヤミ人です。

 

これが悩んでも仕方ないのり論

 - 人生Q&A , ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
今まさに、ブレてしまっているあなたへ

Q:自分の考え方や生き方がブレてしまうんですけど。 誰だって自分の考えが正しいの …

no image
怒りをやっつけてしまう方法があるのだ

Q:怒りたいけど、怒った私のほうが悪い人になるかもしれないと勝手に思ってやめてし …

no image
イラッとする人の習性

私、あなたにそんなこと言われるとイラッとするのでやめてもらえませんか? &nbs …

no image
悩むことを本当にやめたいあなたへの言葉

Q:すぐに悩んでしまうのですけど?   A:悩むのが好きなんですね。 …

no image
ウソをついてまで言えない人は、

Q:自分にウソをついてまで、言えないんですけど・・・。 『自分の未来は、自分の言 …

no image
人の目からの脱出方法

Q:私は外の人の目を意識しすぎます。他の人が何をしているのかを気にしすぎて、いら …

no image
人はなぜ悩むのか?

Q:どうして悩んでしまうのでしょうか?   人はなぜ悩むのか? 比べる …

no image
人の言葉でいちいち傷ついてしまうあなたへ

Q:他の人が自分のいないところで悪口を言っているのを聞いてしまって、傷ついてしま …

no image
努力してもうまくいかない人へ

Q:努力しても報われないのですけど? 「こんなに努力しているのに…。」 「やって …

no image
嫌な人との対処法 その2

嫌な人との対処法。 最善策は 「逃げる」→「逃げるがカチのり論」   …