のり論

豊かに楽しく健康で美しく生きる人生法則 秘境祖谷での暮らしから与えられるメッセージ

*

一瞬で幸せになれる方法を伝授!!

   

Q:お金がないことや、お金に繋がらないことばかりしている自分は価値がないような気がしてしまいます。どうしたらいいでしょうか?

A: 気のせいだね。

お金は大切です。

お金があるからおいしいご飯も食べられるし、暖かい家にも住める。

旅行にも行ける。

お金があるからこそ、できることがたくさんあります。

 

いつの間にかお金を稼ぐために生きているような状態になってしまうと、これまたわからなくなる。

何のために生きているのか、わからなくなる。

 

お金がすべてではない。

お金が第一ではない。

けれど、お金は大切。

お金は必要。

 

お金がないと言っても、全くないわけではない。

お金がないから100円のおにぎりにするか、お金があるからお寿司にするかの違いはあるだろう。

今の日本で、今日食べるものがなくて困っている人はいない。

お金がないから何日も食べられなくて、餓死してしまうような人はいない。

 

誰と比べてないのか?

いくらだったらあるのか?

一切の不幸は、比較から生じる。

と、教育哲学者の森信三先生は、言っています。

森信三先生の名著・修身教授録

続けてこのようなことも言っている。

幸福とは求めるものでなくて、与えられるもの。
自己の為すべきことをした人に対し、天からこの世において与えられるものである。

お金がたくさんあっても、不幸な人はいる。

お金が全くなくても、幸せな人もいる。

結局は自分がどこに幸せを求めているのかわからないと、常に不安が襲ってくる。

 

お金を稼ぎたい人は、ガッツリ稼げばいい。

お金にならなくても、人のためになることで喜びを感じられるのだったら、たくさん奉仕すればいい。

その中間をとって、奉仕をしながら稼いでもいい。

お金がなくても幸せならば、堂々としていればいい。

『お金がなくても、こんなに幸せだ!!』と、自慢してしまえばいい。

 

お金がないから不幸なのではなくて、うまくいかなかったり、不幸だと思っている自分を、お金がないせいにしている。

人のせい、お金のせい、場所のせい、仕事のせい。

あたりどころがなくなってくると、国のせい、社会のせい。

もうどうしようもなくなってくると、時代のせい。

「せいせい星人」はもうやめよう。

なにかのせいにしているうちは、真の幸福は得られません。

『生きているだけで、まるもうけ』

本当にその通り。

生きていることそのものが、一番のもうけなのです。

生きているだけで、価値がある。

生きているだけで、意味がある。

生きているだけで、幸せ。

なにがあってもなくても、今生きているだけで幸せって心から感じられるときに、幸せの道が始まります。

『しあわせだなぁ~。しあわせだなぁ~♪』を口ぐせにする。

これであなたも無条件にしあわせになれる。

これが一瞬で幸せになれるのり論

 - 人生Q&A ,

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
悩むことを本当にやめたいあなたへの言葉

Q:すぐに悩んでしまうのですけど?   A:悩むのが好きなんですね。 …

no image
スーパーナヤミ人の皆様へ

Q:のりさんは迷ったり、悩んだりすることはないんですか? A:まよいますよ。なや …

no image
人はなぜ悩むのか?

Q:どうして悩んでしまうのでしょうか?   人はなぜ悩むのか? 比べる …

no image
イラッとする人の習性

私、あなたにそんなこと言われるとイラッとするのでやめてもらえませんか? &nbs …

no image
怒りの理由はどこにあるか

Q すぐに怒ってしまうのですけど、どうしたらいいですか?  結論 怒ったらいいん …

no image
怒りをやっつけてしまう方法があるのだ

Q:怒りたいけど、怒った私のほうが悪い人になるかもしれないと勝手に思ってやめてし …

no image
今まさに、ブレてしまっているあなたへ

Q:自分の考え方や生き方がブレてしまうんですけど。 誰だって自分の考えが正しいの …

no image
人の言葉でいちいち傷ついてしまうあなたへ

Q:他の人が自分のいないところで悪口を言っているのを聞いてしまって、傷ついてしま …

no image
素直な心と疑う心

Q:アドバイスされたことをしたら、本当に幸せになれるのでしょうか? 真理は単純。 …

no image
焦ってしまうあなたへ

Q: 焦ってしまうんです。どうしたらいいんでしょうか? 焦りはどこから来るのでし …